www.hoopsonthevine.com

為替への介入というのを耳にした事がありますか?日本銀行が介入して新聞、雑誌、報道番組、ヤフー等の情報で見た方もいると思います。初めから外国為替市場介入(為替介入)というものは日本の場合、財務大臣が為替相場の安定を保てるように使う措置として位置づけられています。わかりやすく言うと、激しい円高や円安の時に財務大臣の言いつけにより中央銀行(日本銀行)日本円の売り買いをして為替のレートの安定化を狙うといったことです。為替の介入とは方法があるのです。1.単独介入・・・行政や日銀が東京での市場で自主的に市場に加わり為替介入(外国為替市場介入)をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえ、各々の通貨当局の持ち金を駆使してタイミングを合わせてあるいは小出しに為替介入(外国為替市場介入)を実行していく。3.委託介入・・・他の国の通貨当局への介入の実施をお願いする。4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の銀行などの代わりに為替の介入をする。このように種類です。どのやり方の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、当面為替市場に大きな影響を与えるのです。為替介入(外国為替市場介入)の金額は当然のことですが国家のプライドをかけて行なうのですからスケールが違うのです。円を基本にしてみると、いつもは数銭ごとに動いている為替相場が突如数円の動きをします。個人投資家の人ならば一回は経験があると思いますが今までは見込み通り利益(あるいは含み損)が増えていた保有高を保持していたところへ、保持している保有高が決済となりましたといった連絡が外為の会社よりEメールが届き。どれだけ黒字になったのか(損したのかな)?と思いつつ決済後の報告を見たら、自らが推測していた結果とは反対の状態になっていてびっくりしたとの話がよくありました。為替介入が実施された時に多く聞いた話です。以上のように為替介入(外国為替平衡操作)が施行されることで、為替の動きと逆の動きをするのです。加えて変化する金額の範囲はかなりでかく変動するため気をつける必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hoopsonthevine.com All Rights Reserved.