www.hoopsonthevine.com

破産の申立てを実行したとしても司法機関などから家庭にダイレクトに電話がかかるなどということは考えにくいと言えます。よって、家族には明らかにならないように破産の申立てできるかもしれません。それでも、実際問題として、自己破産申請を行う時に司法機関から同じ屋根の下に住む両親や兄弟などの所得を記載した証書や銀行の通帳の複写物等といった証明資料の届け出を余儀なくされるというということがありますし、借りた会社から家族や親族へ事実関係の報告などがなされる場合もままありますので家族や親族に気付かれてしまい自己破産の手続きが実行できるという100%の確証はないといえるのです。敢えて内緒にして後になってからばれてしまうよりも、最初の段階で誠実に真実を打ち明けて家族全員が協力し合って自己破産を切り抜ける方がよいでしょう。その一方別々に住んでいる家族に関しては自己破産手続きを実行したのがばれてしまうなどといったことはほとんど不安に思う必要はないと理解して間違いありません。夫/妻が負う責任を消滅させることを念頭に離縁することを考える早まった夫婦もいらっしゃるとのことですが実は、たとえ婚姻関係を結んだ夫婦だとしても法律的には自分が保証人という立場になっていない限り法的な義務はありません。ただし、(連帯)保証人を請け負っているときは仮に別れることをしたとしても保証人という立場上の義務は引き続き本人が負わなければいけないので支払い義務があると考えられるのです。ですから別れることをしただけで債務の法的な支払義務が失効するといったことはまずないのです。さらには債権保持者が債務を負った人の家庭に催促をすることがありますが保証人ないしは連帯保証人でないならば親と子供又は妹と姉などという類いの家庭間の借金であっても借り主以外の家庭の人に法的な法的な支払い義務はまずないのです。まず債権をもつ取引先が法的な支払い義務背負っていない親族に対して請求を行うのは貸金業規制法を実施する上での行政府の事務規則内で禁じられており支払いの催促の実行方法によりますが貸金業規制法の支払督促のガイドラインに背くことにもなります。ですから、支払義務を請け負っていないにもかかわらず借り手の親族が支払の督促を不当に受けたとすれば、業者に対し取立てをやめるよう通告する内容証明を送るべきでしょう。人によっては借りた人その人がとても不憫だからと思うが故に他の親族が代理となって返してしまうという話も聞きますが債務をもつ本人好意に自立の心を忘れて何度も多重債務のトラブルを反復することがないとは言えません。従って、債務をもつ本人立場において斟酌すれば冷たいかもしれませんが借入者本人の自助努力によって借入金を弁済させるか自力での更生が見込めないのであれば破産の申請を行わせた方が債務をもつ本人今後の生活をまっとうするためには良いとは言えないでしょうか。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hoopsonthevine.com All Rights Reserved.