www.hoopsonthevine.com

外為取引ビギナーがFXの勘所を捉えるためには、第一に取引経験を積み上げていく事が重要です。特に、先に危険を嗅ぎとるようになるためには、ポカをすることも経験のひとつです。とは言うものの、ミスをするといっても、決定的な失敗をする事は許されません。やり直しが効く間違いを何度か経験することが、自身の経験値を高めてくれるはずです。れを考えると、まず初めはわずかな資金で売り買いをして、そこで数回簡単なマイナスを経験することが大切です。例えとして、100万円だけしか投資する余裕が無い方が、100万円を全額投入して売買すると、損した時その後再起できなくなってしまう恐れがあります。それならば、たとえば資金の10%ずつ分けて売買して、ここで売ったり買ったりを積み重ねた方が、段々と負けを補う手法なども身についていくはずである。最初はわずかなお金で売買する事の良い点は、先に言及したように、自らの実戦を増やし損を回避する手法を身につけることにあるが合わせて、注文の回数を増やして、危険を削減できるという長所もあります。たとえば、1回限りのエントリーで儲けられる確率が5割だとします。同じく5割の確率で損失を生む危険性もあるということになる。勝率5割ということは。半々の可能性で勝利できる事を表現しています。だが、全ての投資資金を使って仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。それは丁半バクチと同じ。それは全てを投資して1度だけしか取引をしないと、これでは損が生じる確率が大きくなってしまいます。それだけに、お金を1回にすべて投資するのではなく少しずつ分けてチャンスを重ねる事が危険性を減らす事になります。同時にいくつかに分けたとしても、全てのトレードで勝利する事は大事ではありません。勝てないのが実情です。売買で肝心なのは勝つ確率ではなく、どれだけプラスに出来るかです。勝率が50%でもさらにそれ以下でも儲ける事は出来ます。7割負けても損益がわずかならば3割の勝ちのプラスの大きさで相当儲けられます。そのために大切な事は損を小さく、利益を大きくを心がけることだ。損が出たら直ちにロスカットして、反対に勝った時は上手に儲けることが、FX取引をはじめたばかりの方が外為取引で成功する神髄です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.hoopsonthevine.com All Rights Reserved.